新年のご挨拶


新年、明けましておめでとうございます。旧年中は大変お世話になりました。

本日1月4日より、レイス治療院本部の営業を開始しております。
どうぞ今年もよろしくお願いいたします。

健康コラム:お餅が詰まって窒息?!年末年始、高齢者は特に注意!

あっという間に今年も終わりを迎えようとしています。
年末年始は、ご家族でお餅を食べながらのんびり過ごすという方も多いのではないでしょうか?

そんな「お餅」ですが、年末年始になるとお餅による窒息事故のニュースを耳にするようになります。

実は、お餅による窒息事故は毎年12~2月にかけて多くなり、最も多いのが1月のお正月シーズンとなります。
東京消防庁のデータによると、平成24年~28年の5年間でお餅を喉に詰まらせて救急搬送された方は、東京消防庁管内だけで540人以上にのぼるとされています。そのうち、65歳以上の高齢者はなんと全体の9割を占めているそうです。

今回は、そんなお餅による窒息事故の原因と対処法についてご紹介いたします。

1.お餅が詰ってしまう原因


お餅は、40度以下になると固まりやすくなります。熱々のうちはやわらかいのですが、口の中に入ると温度は下がってしまいます。固まり、くっつきやすくなったお餅が気道を塞いでしまうことにより、窒息を引き起こします。
また、早食いの方も注意が必要です。よく噛まずに、大きな塊のままお餅を飲み込むことで気道を塞いでしまいます。

高齢になるとお餅が詰りやすくなる理由

お餅による窒息事故の9割が高齢者といわれていますが、高齢の方が多いのには以下の理由があります。

・飲み込む力が弱い
高齢になるにつれ、喉の奥に運ぶ舌の力や飲み込む力が弱くなります。お餅だけでなく、水分が少ないパンやイモ類など飲み込みにくくなります。
喉の奥にまで、食べ物を運ぶことが出来ず、途中で詰ってしまうのです。

・唾液の分泌が少ない
唾液の分泌が減ってしまうと、うまく喉の奥に流し込めなくなります。

・良く噛むことができない
あごの力が衰えることで、食べ物を小さく磨り潰すことができなくなります。
そのため大きな塊のまま飲み込んでしまい、喉に詰まる原因となります。

・咳き込む反応が弱い
喉に食べものが詰ったとき、私たちの身体は咳き込むことで外に排出しようとします。
しかし高齢になると、その咳き込む反応が弱くなりうまく吐き出すことができません。
そのため、詰ったお餅を上手く吐き出せず重症化する可能性が高くなります。

2.お餅を詰まらせないようにする為に(予防法)

せっかくのお正月、詰まらせないようにお餅を美味しく食べるにはどうすれば良いのでしょうか?ここでは、お餅を食べるときに注意することをご紹介します。

・良く噛んで食べる
粘着力のあるお餅は、噛みづらいため大きな塊で飲み込んでしまいがちです。
ゆっくり時間をかけて噛んで、小さくしてから飲み込むようにしましょう。また、良く噛むことで唾液が分泌されお餅が喉にくっつくのを防いでくれます。

・食べる前に喉を潤わせる
口の中が乾燥していると、お餅がくっつきやすくなります。食べる前や食べている途中にしっかり水分を取り、喉を潤わせるようにしましょう。
特に朝は唾液の分泌が少ない為、口腔内が乾いている可能性があります。いきなりお餅を食べるのではなく、お味噌汁やスープを飲んでから食べると良いでしょう。

・食べやすい状態にする
上手く噛むことが出来ない場合はお餅を、あらかじめ1口サイズに切り、食べやすくしておきましょう。すこし小さいかな?と思うくらいのサイズが良いでしょう。
一番食べやすいといわれているのが「お雑煮」です。煮ることでお餅が柔らかく食べやすくなり、さらに汁物と一緒に食べることができるので飲み込みやすくなります。
逆に気をつけたいのが、きな粉のかかったお餅です。むせやすく、口の中の水分を奪うので、食べるときはゆっくり注意して食べるようにしましょう。

最近は、食べやすさを重視した粘り気の少ないお餅も販売されているので、試してみるのも良いでしょう。

・姿勢に気をつける
食べる姿勢も重要です。猫背の場合。顔が前にでるため喉の筋肉が引っ張られた状態になり飲み込みづらくなります。
イスに座って食べるときは、足はしっかりと地面につけ深く腰をかけ綺麗な姿勢を心がけましょう。

・皆で食べる
高齢者や幼児がお餅を食べるときは、異変を察知しすぐに対処できるよう、誰かが見守るようにしましょう。
一人で食べずにみんなで食べるようにしましょう。

3.もしお餅が詰まったときは・・・?(処置方法)

首に両手を当てる
お餅が詰ってしまった場合、すばやい対処が必要です。ここでは、もしものときの処置方法をご紹介いたします。

1.意識があるか確認する
まずは呼びかけて意識があるどうかを確認しましょう。

【 両手を首に当てる「チョークサイン」を出している。】
このチョークサインは「息が出来ずに苦しい」ということを他の人に知らせる全世界共通のサインとされています。
このチョークサインを出していたり、顔色が優れない場合は窒息を疑いましょう。

2、意識がある場合

【 激しく咳き込んでいる 】
咳き込んでいる場合は可能な限り、咳をしてもらいましょう。

【 背部叩打法(はいぶこうだほう)を行う 】
1.片方の手で下あごもしくは胸の辺りを支えて、うつむかせます。
2.もう片方の手の付け根で、肩甲骨と肩甲骨間をすばやく叩きます。
3.詰っている食べ物が取れる、または反応がなくなるまで続けます。
⇒反応が無い場合は、すぐに救急車を呼びましょう!

3、意識がない場合
意識が無くぐったりしている場合は、救急車を呼び心肺蘇生法を行います。
心肺蘇生法を繰り返し、異物が安易に取れる場合は取り除くようにしましょう。

4、詰っている異物が取れた時
お餅など詰っていた異物が取れた後も、周囲の方は注意して見守るようにしましょう。
奥にまだ異物が残っている可能性もあるので、少しでも違和感を感じたら病院で診てもらいましょう。

◎ 注意しましょう!

 

・掃除機などで吸引しない
詰っているものを取り除こうと、掃除機などで吸引はしないでください。専門の吸引器具がない場合、口腔内を傷つけてしまう恐れがあります。家庭では行わないようにしましょう。

・無理に手で取り除こうとしない
口に手をいれて、異物を取り除こうとすると返って奥に入ってしまうことがあります。異物が見え、安易に取り除ける場合以外は触らないようにしましょう。

 

 

5.まとめ

 

 

  • お餅による窒息事故は毎年1月が最も多く起こる
  • 高齢者は身体機能の低下により詰りやすく重症化しやすい
  • 詰りやすい食べ物であることを念頭に置き、食べる時は十分に気をつける
  • もしも詰ってしまったときは背部叩打法を実施する

 

 

いかがでしたか?お餅による窒息は誰にでも起こりうる事故です。
もしものときはご紹介した処置方法を行えるよう覚えておきましょう。
食べるときは十分に注意し、美味しくお餅をいただきましょう!!

 

レイスだより 1月号をリリースいたしました!

 

レイスだより1月号

( 上記画像をクリックするとPDFデータがダウンロードできます。 )

レイスだより1月号をリリースいたしました。
今月は、「音読」による健康効果をご紹介しております!
声にだして読む「音読」は、脳を活性化させる効果が!詳細はレイスだよりをご覧ください!

 

【連載コラムvol.11】視覚障がいを持つマッサージ師にインタビュー!

情熱太郎&ミチネー

皆さんこんにちは!
レイス治療院 運営本部の情熱太郎です!
12月に入りかなり寒くなってきましたが、僕の情熱はこんな寒さには負けません!

ところで、皆さんはお知り合いやお友達に視覚障がいをお持ちの方はいらっしゃいますか?

レイス治療院には視覚障がいをお持ちのあん摩マッサージ指圧師が沢山働いていて、日々ご利用者様のお宅や施設に訪問し、リハビリマッサージを行っております。
視覚障がいがあるのに訪問マッサージなんてできるの?と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、一口に視覚障がいと言っても軽度の方もいれば重度の方もいます。軽度の方は独りで移動ができますし、重度の方でも専属ドライバーと二人三脚で力を合わせれば、どこにでも訪問することができます。

そこで今回は、皆さんにとってあまり馴染みのないかもしれない視覚障がいについて知っていただきたいと思い、視覚障がい者であり、あん摩マッサージ指圧師であるミチネーにインタビューをしたいと思います。

ミチネーの紹介は連載コラムvol.1をご覧ください。
https://leis.jp/news/column001_second/

情熱太郎

「では、カンペを見ながら質問させていただきますね。」

「えっ?カンペ?ちょっと情熱が足りてないんと違う?」

情熱太郎

「へへへっ。」

ミチネー

「・・・。」

情熱太郎

「へへへっ。」

ミチネー

「・・・。」

「どうやら笑って見逃してくれるタイプではないようですね。」

「早く質問してちょーだい。」

「分かりました!では早速ですが、ミチネーはいつごろから視覚に違和感が出始めたのでしょうか?」

「小学校5年生になるまでは普通に見えていたんですが、黄斑部変性症という目の病気を患い、半年くらいで急に視力が0.05くらいまで落ちました。それと、視野の中心部も見えなくなり、見える範囲が狭くなってしまいました。もう何が起こっているのか分からない感じでしたね。でも、実は病気になる前から視野は狭かったと思います。」

情熱太郎

「視野が狭かった?何か心当たりがあるのですか?」

「当時は気付かなかったのですが、私は球技がすごく苦手で、運動神経が鈍いからだと言われていましたが、そうではなく視野が欠けていたためにボールがちゃんと見えていなかったせいかなと思います。」

「それは視野が欠けていた可能性が高いですね。
ミチネーの視力が低下し始めたのが小学5年生。それから年を重ねていますが、見え方は変化していますか?」

「見え方については、すごく徐々にですけど視野も視力も落ちてきていますね。今は両目ともに視力は0.01くらいしかないです。10年くらい前は何とか自転車も乗れていましたが、今は歩いていても物にぶつかります。」

「そうなんですか。白杖はいつごろから使われているのですか?」

白杖

白杖を持ち始めたのは、3~4年くらい前からですね。折り畳めるタイプなのでいつもカバンに入れて持ち歩いていて、移動や外出する時に使いますね。」

「折り畳み式の白杖もあるんですね。
次の質問に移りたいと思いますが、健常者からの偏見や誤解されていると感じる事ってありますか?」

「ん~そうですねぇ。
目の悪い人は一人では何もできないと思われたり、”目の悪い人”というカテゴリでひとくくりにされることがしばしばあります。視覚障がいの中にも、全盲の人もいれば、周りは見えないけど正面は見えている人もいたり、逆に正面は見えないけど周りは見えたりする人など色々います。
それと、白杖を持っていると全く見えていないと思われることがあります。私自身が体験した話ですが、以前人とぶつかりそうだったので避けたら『うわっ、避けた。見えてるやん。』と言われたことはありますね。」

「ん~とても悲しい気持ちになりますね。」

ミチネー

「その人も悪気があって言ったわけではないと思うので、悪いとは思いませんが、そういった事はちょこちょこありますね。
視覚障がい者の中にも色んな人がいます。生まれつきの人もいれば、私のように子どものころに悪くなった人、大人になってから悪くなった人もいます。たとえ現状の見え方が同じであっても、障がいを持った時期や周りの環境も違えば、その人の性格や能力もそれぞれ違うので、そういった部分をお互いに分かり合えたら良いなと思いますね。」

「一方通行ではなく、相互で理解を深める事は非常に大切ですね。
視覚障がいを持つミチネーに聞きたいのですが、視覚障がいの方と接する時はどのように接するのが良いのでしょうか?」

ミチネー

「さきほど言ったように視覚障がい者にも様々な人がいるので、何か困っていそうだと感じたら気軽に声をかけて、その時に困っていることを一つでも助けられたら良いと思います。それと、障がいがあるということにとらわれ過ぎず、それも一つの個性として感じてもらえれば良いかと思います。」

「障がいも一つの個性ですね、分かりました!」

「可能であれば一度アイマスクをして過ごしてみるのもいいと思います。何ができて何が難しいのかを肌で感じることで、一時的ですが視覚障がい者の気持ちになれます。ある病院では職員全員にそういった研修をしているところもあるようです。」

「そうなんですか!では、早速今度体験してみたいと思います。」

情熱太郎

「続いて、普段生活する上で、悩みや困り事もあるかと思いますが、具体的にどのようなことがありますか?」

「困ることは、いっぱいありますね(笑)
郵便物とか新聞にしても活字は読めないから、情報を入手する手段が限られますね。ただ、ITの技術が進化してスマホやパソコンから情報が得られるようになったのは大きいですね。私の目が悪くなった小学生の頃なんて、一人一台携帯やパソコンを持っている時代じゃなかったから、カセットテープに録音したものを後から聞くしか情報が得られなかったんですよ。」

「カセットテープに録音ですか。」

「そうそう、あんまり言うと年齢がバレるから嫌やけど、当時はそれでも貴重な情報源だったので、いつでも録音できるように持ち歩いていました。そういった面で、スマホのおかげで情報のタイムラグがなくなったのも大きいですね。」

情熱太郎

「たしかに。しかも、ミチネーは結構スマホ使いこなしていますよね?」

「便利なのでかなり使っていますよ。Facebookは毎日見てるし、メールのやり取りはLINEだし、空き時間にネットで気軽に情報収集したりしています。外見はおばちゃんだけど、やってることは若者でしょ(笑)」

「がっ、外見も若者です!」

スマホ画面

「画面はこんな感じです。色は反転した方が目が楽です。音声対応もしているので、文字入力は音声で入力出来ますし、タップしたところはちゃんと読み上げてくれるんですよ。」

「たしかに、これなら視覚障がいの方でも使いやすいですね。」

「人によると思いますが、連絡のやり取りは電話よりもLINEでやり取りすることが多いですね。LINEは既読か未読かが分かるので、息子から返信がなくても見たというのが分かるのが便利ですね。でも、スタンプは読み上げてくれないので、残念ながら何を言ってるのかわからない(悲)」

「それは残念ですね。近い将来スタンプも読み上げてくれるようになればいいですね。」

「LINEは大分慣れてきたので、次はTwitterにも挑戦してみようかなと考えています。」

「おおっ!ぜひtwitterにも挑戦して、ぼやいて下さい!」

情熱太郎

「続いて食事についてですが、料理はされていますか?」

「家で普通に料理しますよ。包丁で肉や野菜を切りますが、慣れているので指を切ることもないですね。炒め物や揚げ物もします。」

「揚げ物ですか!油が飛び散ったり、火傷したりしないんですか?」

ミチネー

「油は思いっきり飛び散らかっていますね(笑)。鍋に顔を近付けすぎて、目に油が飛んだこともありますが、意外と大丈夫ですよ。」

「いやいや、さずがにそれはまずいでしょ。」

「視覚障がいですが、慎重なタイプではなくおおざっぱな性格なので、基本雑ですね(笑)。」

「間違いなく僕より雑だと思います!」

「家にいるときは家族もサポートしてくれるので、ある程度自由にしていますが、外に出ている時は結構困ることがありますね。」

「例えば?」

ミチネー

「お昼はだいたいコンビニで買うのですが、手に取った商品は基本何か分からないわけですよ。おにぎりかなっていうの分かるんですけど、中身は分からないから2~3個レジに持って行って、店員さんに『これ何ですか?』と聞くことが多いですね。」

「それは結構不便ですね。」

「そうそう。お昼は店員さんも忙しいので、店員さんを呼ぶよりも自分が持って行って店員さんに聞く方が良いと思っているので、一応気は使っているつもりです(笑)。」

「そ、そうですね(笑)。」

ミチネー

「一番厄介なのが、レジに行くまで値段が分からないことです。なので、買いたい商品を手に取って、ある程度重さで値段を予想しますね。重いものは比較的高いです。でも、軽いから安いだろうと思ってレジに持って行って、高かったら何かすごく割高な感じがするので、そういう時は買わないです(笑)」

「割と図々しいおばちゃんじゃないですか(笑)」

「失礼やね~個性と言ってくれるかな(笑)」

その個性の使い方は、ダメな使い方ですよ。
では、最後の質問です。視覚障がいの方がより暮らしやすい世の中になるには、どのような社会になっていくのが望ましいと思いますか?」

ミチネー

スマホのようにまだまだ新しく便利なものが出てくるので、そういうものを使いこなして、外出の際も視覚を補えるようになれたらよいなぁと思います。私が視覚障がい者になった頃は、今の世の中なんて全く想像もできなかった世界。この先ももっともっと便利になると思うので、そういう意味で未来はすごく楽しみです。」

スマホの普及は、視覚障がいの方にとっても大きな進歩だったんですね。」

「それと、健常者は視覚障がい者に対して、目が悪かったらできないだろうとか固定概念を持たずに、一人の人間として見てもらえたら嬉しいですね。
それに対して、視覚障がい者側も意外と自分でできることは多いので、障がいというのをあまり考えずに何でもやってみることが大事だと思いますね。子供とか高齢者とかと同じで、出来ることまで周りがやり過ぎてしまうと本人がしなくなってしまうので、出来ることは本人がするようにしたほうがいいと思います。
お互いが共存していくために個性を尊重し合い、構えすぎないのが重要ですね。」

「その通りですね。視覚障がいの方も今まで以上に社会で活躍できるように、明るい未来を共に目指していきましょう!ありがとうございました!」

「ありがとうございました。で、このインタビュー出演料はいくら?」

「出演料?え~っと、じゃあ今度僕の手料理をご馳走します!」

「面白くないから、出演料は情熱太郎の給料から天引きしておいてって経理に言うとくわ。」

情熱太郎

「ミチネー、キツーい!」

情熱太郎&ミチネー

最後に
僕自身、レイス治療院で働くまでは視覚障がいの方と触れ合うことは全くありませんでした。そのため、特に初めのうちは視覚障がいを持つマッサージ師とどう接していいか、障がいについてどこまでどのように触れたらよいのか、また触れてはいけないのかのが分かりませんでした。
しかし、一緒に働きながらコミュニケーションを深めていくと、視覚障がいであることを忘れてしまうほどオープンな方や一人でなんでもできてしまう方も多く、皆さん生き生きと仕事をされています。また、障がいを持ちながらも健常者以上に努力する姿や学ぼうとする姿勢にいつも心を打たれます。
僕たちレイス治療院は、障がいをお持ちの方が差別や偏見を受ける事のない過ごしやすい社会を目指して、全力で取り組んで参ります。

次回のコラムでは、ミチネーから提案を受けたアイマスクを着けて視覚障がいの方の体験をしてみたいと思いますので、お楽しみに。

この記事を気に入っていただけましたら、下記SNSボタンよりシェアお願いします!
また、LINE@では新着情報を定期的に配信しております。是非、友だち追加をお願いします。

連載コラム一覧へ

本部からのお知らせ一覧へ

サイトトップへ

つぼ博士のツボ講座:ぼーっとした頭をすっきりさせるツボ「風府」

つぼ博士のツボ講座

寒さが厳しい日が続いておるが、諸君は元気に過ごしておるかの?

こんな寒い日は暖房の効いた暖かい部屋が最高じゃの!
じゃが、暖かい部屋で過ごしすぎてなんだか頭がぼーっとするそんな人はおらんかの?

今回は「脳の玄関」と呼ばれる、頭がすっきりするツボ「風府(ふうふ)」を紹介するぞ!

ツボの効果

風府は、頭がぼーっとするときや眠気に襲われているときに刺激すると頭がすっきりしてくるツボじゃ。
1日中暖かい部屋で過ごしていると頭がぼんやりしてくる、長時間オフィスで仕事をしているとぼーっとしてきて集中力が切れてしまう、そんな方におススメじゃ。
風府を刺激すると頭の血行が良くなり、頭の疲れもすっきり吹き飛ぶのじゃ!さらに、目の疲れも緩和してくれるツボなのじゃぞ!!

他にも、頭痛や風邪の症状、高血圧、めまい、疲労などにも効果があるといわれておるぞ!

ツボの探し方

風府場所

風府は、後頭部にあるツボじゃ!首と髪の毛の生え際から、指2本分上にあるくぼみじゃ。
背骨に沿って頭の方に登っていくとくぼみが分かりやすいぞ!
軽く押すと気持ちよさや痛みを感じる部分じゃ。

ツボの押し方

風府_ツボ押し

頭をつかむようにし、親指を重ねて押していくぞ!
目と目の間に向かって奥へと押すイメージじゃ。ゆっくり押して、ゆっくり離してを繰り返すぞ。
両手だと押しにくい人は、片手でもOKじゃ。

鈍い痛みを感じる君は、なかなか疲れが溜まっているようじゃな!痛みは疲れの度合いによって変わってくるのじゃ。
円を描くようにほぐしてあげるのも、効果があるぞ!

◎さらに効果UP!

 


首や頭の周りには沢山のツボがあるぞ!定期的にほぐすことによって、肩や首のコリや偏頭痛緩和も期待できるのじゃ。
以前紹介したツボも少し意識しながら、全体をほぐすように揉んであげると一石二鳥じゃ!

頭の血行を良くするツボ「完骨」:https://leis.jp/news/tsubo_kankotsu/
自律神経のバランスを整えるツボ「風池」:https://leis.jp/news/fuchi/

首や後頭部は、非常にデリケートな部分じゃ。気持ち良いからといって強く押しすぎたり、無理やり揉みほぐすのはNGじゃぞ!
ツボ周辺をホットタオルなどで温めるだけでも十分効果があるぞ!

いかがじゃったかの?頭の血行を良くする風府。
ツボ押しをマスターして、さっそく明日から使ってみるのじゃ!

風府を押しで、頭すっきりの冬を過ごすのじゃ!

マフラーなつぼ博士

12月 08, 2017 年末年始営業のお知らせ

今年も残すところあと僅かとなりました。
誠に勝手ながらレイス治療院本部では、下記の期間を年末年始休業日とさせていただきます。

===============================================
◆◇◆◇年末年始休業期間◇◆◇◆
2017年12月31日(日)~2018年1月3日(水)

===============================================

休業期間中は、フリーダイヤルでのお問い合わせはお休みとさせていただきます。また、メールフォームからのお問い合わせにつきましては、4日(木)以降順次対応させていただきます。大変ご不便をお掛けいたしますが予めご了承いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

尚、年末年始の休業日は店舗によって異なりますので詳細は各店舗までお問い合わせください。

来年も、皆様にご満足いただけるサービスの提供を目指し、より一層精進して参ります。
今後とも宜しくお願い申し上げます。

レイスだより12月号をリリースいたしました!

 

レイスだより12月号

( 上記画像をクリックするとPDFデータがダウンロードできます。 )

レイスだより12月号をリリースいたしました。
寒さが厳しくなり、身体の冷えが辛い方に!今月は温めると全身ぽかぽかになる箇所をご紹介しております!
ぜひご覧ください!