レイス治療院 大阪生野店がオープンしました!

大阪府大阪市生野区にレイス治療院 大阪生野店がオープンしました!

訪問エリアは大阪府大阪市生野区東住吉区です!

治療院情報はこちらをクリック。

レイス治療院 大阪住之江店がオープンしました!

大阪府大阪市住之江区にレイス治療院 大阪住之江店がオープンしました!

訪問エリアは大阪市住之江区大正区です!

治療院情報はこちらをクリック。

健康コラム:疲労回復・美容に!飲む点滴と呼ばれる甘酒の健康効果!

初詣で飲まれることが多い「甘酒」。今年のお正月に飲んだという方もいらっしゃるのではないでしょうか?実は、甘酒は「飲む点滴」と呼ばれるほど健康効果があることをご存知でしょうか?

今回はそんな甘酒の健康効果をご紹介いたします!

1.甘酒の種類



スーパーやコンビニで様々な甘酒が販売されていますが、甘酒の種類は大きく2つに分けれます。
1つは、米麹から作られた甘酒。もう1つは酒かすにお砂糖を加え、作られた甘酒です。
酒かすの甘酒は、お砂糖とアルコールが含まれています。
一方、米麹の甘酒にはアルコールもお砂糖も含まれておらず、酵素の力で甘みがついています。アルコールが含まれていないため、子供や妊婦さんも飲むことができます。

どちらも、ブドウ糖やビタミンが摂取できますが健康目的で飲む場合は、酵素が沢山含まれている米麹の甘酒がおすすめです。

2.甘酒の効果

 

①疲労回復
ブドウ糖が多く含まれている甘酒は、体調不良や風邪の時に飲むのが良いとされています。
今では冬に飲むイメージがありますが、昔は夏の疲労回復のために飲まれていました。夏に不足になりがちな、水分・糖分・塩分の他にビタミンやアミノ酸などが含まれていることから「飲む点滴」と呼ばれています。

②便秘解消
甘酒に含まれるオリゴ糖は腸内環境を整えてくれます。また酵素により善玉菌を取り入れることができるので、便秘解消に良いとされています。
腸が活性化することで免疫力も上がり、風邪などひきにくい身体づくりにも繋がります。

③高血圧の改善
米麹の甘酒には血圧上昇を抑える「ペプチド」が豊富に含まれています。特に玄米麹で作られた甘酒が、血糖値の上昇が緩やかな為おすすめです。血圧が上がりやすい午前中に、摂取するのが良いでしょう。

④美肌・美白効果
ビタミンBが多く含まれているため、肌荒れに効果があります。他にも、肌の再生・美白・シミ予防にも効果があるといわれています。

⑤ストレスの緩和
精神安定の効果のあるビタミンBによる、更年期障害の改善や睡眠の質の向上などが期待できます。

甘酒には多くの栄養素と食物繊維等が含まれているので、上記以外にも抜け毛の予防、口内炎の改善、貧血予防などの様々な効果があります。
また食が細くなり、栄養を十分に取れないご高齢の方の栄養補給としても甘酒はおすすめです。

3.甘酒の飲み方



◎飲む時間
どの時間帯に飲んでも、効果は得られますが「便秘解消」の為には朝に飲むのがおすすめです。甘酒に含まれるオリゴ糖と食物繊維が、胃腸の働きを活性化させます。また、代謝をあげてくれるので朝からエネルギッシュに頑張りたい!という方も、朝の甘酒が良いでしょう。

「安眠」「ストレス緩和」の為には、就寝前に飲むのがおすすめです。半分~1杯程度の暖かい甘酒をゆっくり飲むことで、心と身体をリラックスさせることができます。高ぶった神経を落ち着かせてくれるので、大声で叫ぶ・深夜の徘徊といった認知症行動が改善されたというケースもあります。

◎米麹の甘酒は温度に注意
米麹の甘酒は、常温で飲むようにしましょう。60度以上に温めてしまうと酵素が分解されてしまうので45~50度程度に温めて飲むようにしましょう。最近では、冷やし甘酒も人気ですのでもう少し暖かい季節になれば冷やして飲んでも良いでしょう。

◎生姜をプラスして
高血圧の改善効果をUPさせるには、甘酒に皮ごとすりおろした生姜をプラスしてみましょう。生姜には血管を広げる効果があるので血液をサラサラにし、さらに血圧を上がりにくくしてくれます。
甘酒と生姜の組み合わせは、冷えの改善にも効果的です。どちらも身体を温める効果があるのですが、生姜にはその温まった体温を持続させる効果があります。今の寒い時期は、ぜひ生姜をプラスして甘酒を飲んでみてはいかがでしょうか?

いかがでしたか?甘酒は米麹があればご自身でも簡単に作ることができます。
お正月にしか甘酒を飲んだことが無いという方も、この機会に甘酒を飲む習慣を始めてみてはいかがでしょうか?

レイスだより2月号をリリースいたしました。

レイスだより2月号top
レイスだより2月号

( 上記画像をクリックするとPDFデータがダウンロードできます。 )

レイスだより2月号をリリースいたしました。
今月は、冷えに効果がある「青竹踏み」についてご紹介しております!
足先の頑固な冷えにお悩みの方は、ぜひお試しください!

 

新年のご挨拶


新年、明けましておめでとうございます。旧年中は大変お世話になりました。

本日1月4日より、レイス治療院本部の営業を開始しております。
どうぞ今年もよろしくお願いいたします。

健康コラム:お餅が詰まって窒息?!年末年始、高齢者は特に注意!

あっという間に今年も終わりを迎えようとしています。
年末年始は、ご家族でお餅を食べながらのんびり過ごすという方も多いのではないでしょうか?

そんな「お餅」ですが、年末年始になるとお餅による窒息事故のニュースを耳にするようになります。

実は、お餅による窒息事故は毎年12~2月にかけて多くなり、最も多いのが1月のお正月シーズンとなります。
東京消防庁のデータによると、平成24年~28年の5年間でお餅を喉に詰まらせて救急搬送された方は、東京消防庁管内だけで540人以上にのぼるとされています。そのうち、65歳以上の高齢者はなんと全体の9割を占めているそうです。

今回は、そんなお餅による窒息事故の原因と対処法についてご紹介いたします。

1.お餅が詰ってしまう原因


お餅は、40度以下になると固まりやすくなります。熱々のうちはやわらかいのですが、口の中に入ると温度は下がってしまいます。固まり、くっつきやすくなったお餅が気道を塞いでしまうことにより、窒息を引き起こします。
また、早食いの方も注意が必要です。よく噛まずに、大きな塊のままお餅を飲み込むことで気道を塞いでしまいます。

高齢になるとお餅が詰りやすくなる理由

お餅による窒息事故の9割が高齢者といわれていますが、高齢の方が多いのには以下の理由があります。

・飲み込む力が弱い
高齢になるにつれ、喉の奥に運ぶ舌の力や飲み込む力が弱くなります。お餅だけでなく、水分が少ないパンやイモ類など飲み込みにくくなります。
喉の奥にまで、食べ物を運ぶことが出来ず、途中で詰ってしまうのです。

・唾液の分泌が少ない
唾液の分泌が減ってしまうと、うまく喉の奥に流し込めなくなります。

・良く噛むことができない
あごの力が衰えることで、食べ物を小さく磨り潰すことができなくなります。
そのため大きな塊のまま飲み込んでしまい、喉に詰まる原因となります。

・咳き込む反応が弱い
喉に食べものが詰ったとき、私たちの身体は咳き込むことで外に排出しようとします。
しかし高齢になると、その咳き込む反応が弱くなりうまく吐き出すことができません。
そのため、詰ったお餅を上手く吐き出せず重症化する可能性が高くなります。

2.お餅を詰まらせないようにする為に(予防法)

せっかくのお正月、詰まらせないようにお餅を美味しく食べるにはどうすれば良いのでしょうか?ここでは、お餅を食べるときに注意することをご紹介します。

・良く噛んで食べる
粘着力のあるお餅は、噛みづらいため大きな塊で飲み込んでしまいがちです。
ゆっくり時間をかけて噛んで、小さくしてから飲み込むようにしましょう。また、良く噛むことで唾液が分泌されお餅が喉にくっつくのを防いでくれます。

・食べる前に喉を潤わせる
口の中が乾燥していると、お餅がくっつきやすくなります。食べる前や食べている途中にしっかり水分を取り、喉を潤わせるようにしましょう。
特に朝は唾液の分泌が少ない為、口腔内が乾いている可能性があります。いきなりお餅を食べるのではなく、お味噌汁やスープを飲んでから食べると良いでしょう。

・食べやすい状態にする
上手く噛むことが出来ない場合はお餅を、あらかじめ1口サイズに切り、食べやすくしておきましょう。すこし小さいかな?と思うくらいのサイズが良いでしょう。
一番食べやすいといわれているのが「お雑煮」です。煮ることでお餅が柔らかく食べやすくなり、さらに汁物と一緒に食べることができるので飲み込みやすくなります。
逆に気をつけたいのが、きな粉のかかったお餅です。むせやすく、口の中の水分を奪うので、食べるときはゆっくり注意して食べるようにしましょう。

最近は、食べやすさを重視した粘り気の少ないお餅も販売されているので、試してみるのも良いでしょう。

・姿勢に気をつける
食べる姿勢も重要です。猫背の場合。顔が前にでるため喉の筋肉が引っ張られた状態になり飲み込みづらくなります。
イスに座って食べるときは、足はしっかりと地面につけ深く腰をかけ綺麗な姿勢を心がけましょう。

・皆で食べる
高齢者や幼児がお餅を食べるときは、異変を察知しすぐに対処できるよう、誰かが見守るようにしましょう。
一人で食べずにみんなで食べるようにしましょう。

3.もしお餅が詰まったときは・・・?(処置方法)

首に両手を当てる
お餅が詰ってしまった場合、すばやい対処が必要です。ここでは、もしものときの処置方法をご紹介いたします。

1.意識があるか確認する
まずは呼びかけて意識があるどうかを確認しましょう。

【 両手を首に当てる「チョークサイン」を出している。】
このチョークサインは「息が出来ずに苦しい」ということを他の人に知らせる全世界共通のサインとされています。
このチョークサインを出していたり、顔色が優れない場合は窒息を疑いましょう。

2、意識がある場合

【 激しく咳き込んでいる 】
咳き込んでいる場合は可能な限り、咳をしてもらいましょう。

【 背部叩打法(はいぶこうだほう)を行う 】
1.片方の手で下あごもしくは胸の辺りを支えて、うつむかせます。
2.もう片方の手の付け根で、肩甲骨と肩甲骨間をすばやく叩きます。
3.詰っている食べ物が取れる、または反応がなくなるまで続けます。
⇒反応が無い場合は、すぐに救急車を呼びましょう!

3、意識がない場合
意識が無くぐったりしている場合は、救急車を呼び心肺蘇生法を行います。
心肺蘇生法を繰り返し、異物が安易に取れる場合は取り除くようにしましょう。

4、詰っている異物が取れた時
お餅など詰っていた異物が取れた後も、周囲の方は注意して見守るようにしましょう。
奥にまだ異物が残っている可能性もあるので、少しでも違和感を感じたら病院で診てもらいましょう。

◎ 注意しましょう!

 

・掃除機などで吸引しない
詰っているものを取り除こうと、掃除機などで吸引はしないでください。専門の吸引器具がない場合、口腔内を傷つけてしまう恐れがあります。家庭では行わないようにしましょう。

・無理に手で取り除こうとしない
口に手をいれて、異物を取り除こうとすると返って奥に入ってしまうことがあります。異物が見え、安易に取り除ける場合以外は触らないようにしましょう。

 

 

5.まとめ

 

 

  • お餅による窒息事故は毎年1月が最も多く起こる
  • 高齢者は身体機能の低下により詰りやすく重症化しやすい
  • 詰りやすい食べ物であることを念頭に置き、食べる時は十分に気をつける
  • もしも詰ってしまったときは背部叩打法を実施する

 

 

いかがでしたか?お餅による窒息は誰にでも起こりうる事故です。
もしものときはご紹介した処置方法を行えるよう覚えておきましょう。
食べるときは十分に注意し、美味しくお餅をいただきましょう!!

 

レイスだより 1月号をリリースいたしました!

 

レイスだより1月号

( 上記画像をクリックするとPDFデータがダウンロードできます。 )

レイスだより1月号をリリースいたしました。
今月は、「音読」による健康効果をご紹介しております!
声にだして読む「音読」は、脳を活性化させる効果が!詳細はレイスだよりをご覧ください!